「歯を磨いたら血が出る……」これも歯周病なの?セルフチッェクで確認しよう

皆さん こんにちは。
伊勢原市からも好アクセスの厚木市の歯医者【愛甲なのはな歯科】です。
 
「歯を磨いた後のうがいに血が混じっていた……」という経験はありませんか?
あるいは「歯ぐきが腫れて赤くなっているような気がする」と感じたことはないでしょうか。
 
歯ぐきからの出血や歯ぐきの腫れは、歯周病のサインです。
歯周病を発症している恐れがあります。
 
歯周病は、日本の成人の8割に何らかの症状があらわれているといわれ、誰でも罹患する可能性のある病気です。
悪化すると歯ぐきや歯を支えている歯槽骨が溶け、歯が抜けてしまうこともあります。
(出典:厚生労働省 e-ヘルスネット「歯周疾患の有病状況」より)
 
セルフチッェクで確認し、歯周病の症状があれば、できるだけ早く歯科医院を受診するようにしましょう。
 
 

歯周病のセルフチェック!当てはまる症状はありませんか?

歯周病は初期の段階では自覚症状が少ないことが多いのですが、以下の症状があれば、歯周病の可能性があります。
ご自身でチェックしてみてください。
 
・歯を磨いた時や食事中に歯肉から血が出る。
・歯肉が赤く腫れている。
・長期間にわたり口臭が続く。
・歯がゆるく感じる、あるいは歯並びが変わったように感じる。
・歯肉が痛い、もしくは歯肉が引き上げられて歯の根が見えている。
・歯と歯肉の間に食べ物が詰まりやすい。
 
これらの症状が一つでも当てはまる場合、歯周病の可能性があります。
歯周病は、早期発見・早期治療が重要なので、自己判断せずに、一度歯科医院でプロのチェックを受けることをおすすめします。
(出典:厚生労働省 e-ヘルスネット「 歯周疾患の自覚症状とセルフチェック」より)
 
 

歯周病を発症する原因は?症状を改善するためにできる治療法

歯周病は、主にプラーク(歯垢)に含まれる細菌の活動によって引き起こされます。
これらの細菌は、食べ物の残りかすを分解する過程で毒素を生成し、歯肉の炎症や歯骨の破壊を引き起こします。
以下が、歯周病を発症する主な原因です。
 

●不適切な口腔衛生

歯磨きが不十分だとプラークが蓄積し、その結果、歯肉炎や歯周病を引き起こすことがあります。
 

●喫煙

喫煙は歯周病リスクを高めます。
タバコに含まれる物質が歯肉の血流を阻害し、歯肉の自己修復能力を低下させます。
 

●糖尿病

糖尿病患者は歯周病になりやすいと言われています。
血糖コントロールが不十分な場合、炎症反応が強くなり、また細菌感染に対する抵抗力が低下するからです。
 

●加齢

年齢とともに歯周組織が弱くなり、歯周病になりやすくなることがあります。
 
歯周病を改善するためには、セルフケアで歯垢をしっかり取り除くことが重要です。
歯と歯の間や、歯と歯ぐきの間などは、しっかり歯磨きをしていても取り残しが多い場所のため意識して磨くようにしましょう。
当院では、歯周病の進行を食い止めるために正しい歯磨き方法を伝えるブラッシング指導と、歯科医院でのクリーニングを行い、たまった歯垢を取り除く治療をします。
 
 

歯周病治療に力を入れています!症状の有無にかかわらずご相談を

小田急線「愛甲石田駅」から徒歩1分、駐輪場も完備している「愛甲なのはな歯科」では、歯周病に力を入れた治療を行っています。
 
悪化した歯周病にお困りの方も当院までご相談ください。
一般的な歯周病治療で改善が見られなかった場合でも、専門的な知識と技術で、症状の進行を食い止める治療を行います。
 
歯周病の症状に心当たりがある方も、特に気になる症状のない方も、歯周病のチェックのために、ぜひご来院ください。

 

当院の歯周病治療 >

 

 
TOPへ
診療
時間
診療時間
09:30~13:00 / /
14:00~19:00 / /
: 土日9:00~13:00、14:00~17:00
休診日:火曜・祝日